男子バレーボールV1(一部)のVC長野トライデンツ(南箕輪村)のホーム第四戦が三十日、伊那市のエレコム・ロジテックアリーナであり、大分三好ヴァイセアドラー(大分市)に3-1で勝利した。今季ホーム初勝利で通算成績を二勝八敗とし、最下位を脱出。次戦は七日に松本市総合体育館で、JTサンダーズ広島(広島県)と戦う。

 VC長野は第一セット、中盤に三連続失点で逆転を許すも、直後のタイムアウトから流れを取り戻して終盤で勝ち越し、25-23で制した。第二セットは22-25で落としたが、第三セットはブロックが決まり序盤から三連続得点するなど25-13と相手を圧倒。第四セットは終盤まで粘る相...    
<記事全文を読む>