白浜第一小学校(和歌山県白浜町)教諭の小出兼司さん(33)が、日本ラグビーフットボール協会公認の審判資格「セブンズA級レフェリー」を取得した。日本協会が主催する7人制ラグビーの国際大会で審判をすることができる。現在、日本では4人だけ。東京五輪で笛を吹くことが目標だ。

 7人制ラグビーは東京五輪の正式種目になっており、日本協会が2017年から審判の育成を始めた。小出さんも育成チームに参加し、2年間、講習を受け、短距離走や持久力などの体力テストや、健康チェックを繰り返した。国際試合で審判の経験を積むためフィジーやイタリア、インドネシアなどでの大会にも出向き、7人制ラグ...    
<記事全文を読む>