船橋市立旭中三年の松本理子(りこ)さん(14)が、来年一月にスイスで開催される「第三回ユースオリンピック冬季競技大会アイスホッケー」の日本代表に選ばれ、二十四日に市役所で松戸徹市長に報告した。「氷上の格闘技」と呼ばれる激しい競技だが、「海外選手に負けないよう頑張りたい」と意気込みを話した。

 松本さんは母親の勧めで小学二年からアイスホッケーを始め、現在は東京都江戸川区の「江戸川アーマーズJrアイスホッケークラブ」に所属している。ユース五輪は十四~十八歳による四年に一度の大会で、八競技八十一種目が行われる。

 ユース五輪で初の日本代表となった松本さんは、今年九月に...    
<記事全文を読む>