来年7月に開幕する東京五輪。全国各地を巡る聖火リレーは、秋田県内では6月9、10日に14市町村を回る。一方、にかほ市や羽後町など7市町村は、国内で過去3回開催された夏季・冬季五輪でも聖火リレーのルートから外れた。今回、本県の聖火ランナーに公募で選ばれた25人には出身地を走れない人もおり、「できれば地元を走りたかった」との本音も聞かれる。

 聖火リレーは現在の25市町村でみると、1964年東京五輪と72年札幌五輪が各13市町、98年長野五輪が秋田市を回った。来年の東京五輪を含めて一度もルートに選ばれていないのが、にかほ、小坂、藤里、八峰、羽後、上小阿仁、東成瀬の7市...    
<記事全文を読む>