スピードスケートの世界距離別選手権などの代表選考会を兼ねた全日本選手権最終日は29日、長野市エムウェーブでスプリント部門の後半2種目を行い、県勢の男子は初日2位の小島良太(信州大)が139・715点で総合2位に入った。500メートルが12位、1000メートルは2位だった。

 初日首位の松井大和(日大)が500メートル5位、1000メートル6位の139・450点で初の総合優勝。平昌五輪500メートル5位の山中大地(電算)が総合4位、初日3位の長谷川翼(日本電産サンキョー)は5位だった。

 女子は、初日首位で500メートル2位、1000メートル1...    
<記事全文を読む>