福井市のクラブチーム「フェニックス卓球クラブ」は来年から、市内の保育園や認定こども園などに卓球台を寄贈し、出張教室も開いて子どもたちを指導する。幼い頃から競技に親しんでもらい普及させるのが目的で、県内の卓球クラブでは初の試みとなる。

 来年の東京五輪で、卓球は日本の有力競技。張本智和選手や伊藤美誠選手らの活躍もあり、メディア露出も目立つ。ただ、同クラブのマネジャーを務める川畑圭輔さん(43)は「福井には都会ほど人気が来ていない」。まずは子どもたちに卓球の楽しさを知ってほしいと企画した。最初に、認定こども園木の実(福井市)に台の角を円くした特注の卓球台を贈った。一月から川畑さ...    
<記事全文を読む>