金沢龍谷高の恩師がエール

 一月二、三日に開かれる正月恒例の東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)。金沢市出身の双子ランナーがそろってエントリー選手に名を連ねた。金沢龍谷高から国学院大(東京都)に進んだ共に一年の中西唯翔(ゆいと)、大翔(たいが)両選手だ。二人は「一緒に箱根に出る」と誓って同じ大学を選んだ。夢の実現を前に、高校時代の恩師も「万全でスタートラインに」とエールを送る。(小坂亮太)

 四年連続十三回目の出場となる国学院大は、十月の出雲全日本大学選抜駅伝で駒沢大、東洋大に競り勝って初優勝。前回総合七位の箱根駅伝も初制覇が...    
<記事全文を読む>