熊谷市への本拠地移転を表明しているラグビートップリーグのパナソニックワイルドナイツは28日、同市上川上の熊谷ラグビー場で、ファンフェスティバルを開いた。ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で活躍した日本代表の6選手も参加。初の8強入りを果たした大会の凱旋(がいせん)報告を行い、熊谷の熱い応援に感謝した。

 ファンフェスティバルは毎年8月下旬に開催しているが、今回はW杯に伴いトップリーグの開幕が1月にずれ込んだため、時期を変更。厳しい寒さの中、W杯効果で前年の4倍に当たる約6千人が来場した。

 NECグリーンロケッツとの強化試合後に行われたファン交流イベントに、...    
<記事全文を読む>