ラグビーのトップリーグ(TL)で群馬県拠点のパナソニックワイルドナイツ(昨季6位)は28日、埼玉・熊谷ラグビー場で開幕前最後の強化試合を行い、NEC(同10位)を48-17で下した。ワールドカップ(W杯)日本大会に出場した日本代表組はプロップ稲垣啓太ら5人が出場。SO松田力也はボールボーイを務めた。

 パナソニックは前半1分、敵陣深くで得たラインアウトを起点にフランカー長谷川崚太のトライで先制。31-0で折り返した。後半は3トライを奪われたが、FB竹山晃暉のPGやWTB梶伊織のトライで追撃を許さなかった。

...    
<記事全文を読む>