4大会連続の五輪出場を狙うライフル射撃男子エアピストル(10メートル)の松田知幸(県警、横浜商大高出身)。11月の五輪代表1次選考会は2位で来年3月の最終選考会に進んだ。今季は国際大会などで苦戦を強いられたが、復調への糸口を模索し前向きに取り組む姿勢は変わらない。円熟味を増すオリンピアンが、正念場を迎えている。

 北京、ロンドン、リオデジャネイロ。五輪は3大会連続で出場し、10年以上も日本のトップに君臨するライフル射撃界の王者だ。しかし、近年は若手の台頭や世界のレベル向上により、松田はこれまでと異なる状況に立たされている。

 11月の五輪代表第1次選考...    
<記事全文を読む>