来年1月18日(日本時間19日午前)にメキシコで開催される世界ボクシング評議会(WBC)女子ライトフライ級暫定王座決定戦で、宇都宮市出身のチャオズ箕輪(32)=本名・箕輪綾子(みのわあやこ)、ワタナベジム=がメキシコ人の暫定王者ケニア・エンリケ(26)に挑戦する。勝てば県内女子で初の世界王者となり、同級正規王者との王座統一戦にもつながる大一番。27日にメキシコ大使館を表敬訪問した箕輪は「チャンピオンになるために人生を懸けてプロになった。王座に就くまで終われない」と意気込みを語った。一問一答は次の通り。

 -昨年11月以来の世界戦(WBC女子世界フライ級タイトルマッチ、判定負...    
<記事全文を読む>