水球の全日本ユース(U―15)選手権(桃太郎カップ)は最終日の27日、岡山・倉敷市屋内水泳センターなどであり、男子県選抜が3位入賞した。ポイントゲッターとして活躍した主将の山田舶隼(四日市中央工高)は、ベストセブンの1人に選ばれた。

 高1以下の水球日本一を決める大会で23日に開幕。男子県選抜は高1から中1までの15人でチームを編成した。

 準々決勝で富山を14―3で下してベスト4進出。準決勝で今大会優勝の埼玉に5―6で敗れた後、石川との3位決定戦を12―11で逆転勝ちして3位が確定した。

...    
<記事全文を読む>