来年1月3日、東京ドームで行われるアメリカンフットボールの日本選手権「ライスボウル」に出場する学生王者・関学大が27日、西宮市内で練習を公開し、主力選手らが社会人王者・富士通戦への意気込みを語った。DL寺岡主将は「歴史を変えてやるという気持ち」と18年ぶり2度目の日本一へ覚悟を示した。

 昨季は17-52で大敗。4連覇が懸かる富士通に対し、関学大守備陣は米国出身RBグラントが繰り出すキレのあるランを警戒する。今季DBとして主力に定着した松本は夏以降、大柄なOLの選手にタックルする個人練習に励み「どんな相手が来てもびびらずタックルできる」と物おじしない。頭脳派のLB大竹は「全...    
<記事全文を読む>