日本ボッチャ選手権大会BC1クラスで準優勝した魚津市の藤井友里子選手(47)=アイザック所属=が二十七日、市役所で村椿晃市長に成績を報告した。同日、世界大会「ジャパンパラボッチャ競技大会」(二月二十八日~三月一日、東京都)の日本代表に決まり、東京パラリンピック出場も有力視されている藤井選手は「けが、病気をすることなく練習に励みたい」と話した。

 大会は二十~二十二日、愛知県豊田市で開かれた。藤井選手は試合経過を振り返り、「魚津で練習したことが試合でもできた。最後まで集中することもできた」と手応えを話す一方、「優勝できなかったことは悔しい」と声を震わせた。

 ボッ...    
<記事全文を読む>