福岡県久留米市は、来年の東京五輪出場が決まった同市出身の柔道女子78キロ超級・素根輝選手(19)=環太平洋大=に、市を全国にPRする「くるめふるさと大使」を委嘱した。27日、市役所で委嘱状が授与された。

 素根選手は今年3月に同市の南筑高を卒業。8月の世界選手権、11月のグランドスラム大阪大会を制し、柔道の五輪代表第1号を勝ち取った。

 この日、「代表内定おめでとう」などの垂れ幕を持った市職員や、道着を来た市のイメージキャラクター「くるっぱ」に拍手で迎えられた。

...    
<記事全文を読む>