ソフトボールのWBSC第16回世界選手権で日本の準優勝に貢献し、1月からニュージーランドのチームでプレーする宇根良祐(嘉手納中―読谷高―環太平洋大出、平林金属)が27日、那覇市の琉球新報社を訪れ、意気込みを語った。ニュージーランドは世界トップクラスの強豪国で、「着実に出塁して、守備でも結果を残したい」と活躍に胸を膨らませている。

...    
<記事全文を読む>