県内に本拠地を置くプロスポーツチームの選手らが一堂に会するイベント「プライドリームス埼玉トークフェスティバル」が、三芳町の三芳町文化会館で行われた。

 イベントは2010年から行われていて今年で10回目。浦和レッズや大宮アルディージャ、埼玉西武ライオンズなど県内に本拠地を置く9チームの現役選手やOB、OG選手16人が参加。トークショーやチーム対抗的当てゲーム、サイン入りグッズが当たる抽選会が行われ、集まったファンやサポーターとの交流を楽しんだ。

 トークショーでは「ホームタウンはどんなところ」という問いに各選手らが「住みやすい街」「温かい街」などと答える中、ライ...    
<記事全文を読む>