三重県内12市町を来年4月8、9両日巡る東京五輪の聖火リレーで、県実行委員会は26日、県内ルートを走るランナーのうち公募枠分を発表した。12―86歳の男女29人が選ばれた。忍者や海女など県独自の文化を象徴するランナーが県内を駆け巡る。

県実行委はランナー184人のうち、29人を公募で、24人を推薦で決める。公募枠は7―8月に募集し、1627人の応募があった。外部委員5人でつくる選定委員会が国籍や障害の有無に配慮して各市町にゆかりのある人を一人ずつ選んだ。

公募枠ランナーの内訳は男性16人、女性13人。障害のある人は5人、外国籍の人は1人。職業別でみると、会社員や公...    
<記事全文を読む>