浦安市を拠点に活動するラグビー・トップリーグのNTTコミュニケーションズシャイニングアークスの選手らが26日、市役所を訪れ、内田悦嗣市長=写真、前列右から2人目=に来年1月12日開幕の2020シーズンへの意気込みを披露した。「優勝して(市内で)パレードをしたいね」と語り掛けた内田市長に、選手たちも「いい結果を出せるよう頑張る」「スポーツを通じて浦安を盛り上げたい」などと話した。

 訪問した選手は、金正奎(しょうけい)主将や日本代表としてワールドカップ(W杯)日本大会で活躍したトンガ出身のアマナキ・レレイ・マフィ選手ら7人。アークスのトップリーグでの最高成績は5位だが、W杯開...    
<記事全文を読む>