聖火ランナーに決まった岡山ゆかりのオリンピアンらは25日、喜びとともに五輪に寄せる思いを語った。

 「17年間、地元の温かい声援に励まされ、元気づけられ、成長できた。岡山の皆さんへ感謝の気持ちを胸に走りたい」。バレーボールVリーグ女子の岡山シーガルズ前主将で、昨季限りで引退した2012年ロンドン大会銅メダルの山口舞さん(36)=岡山市=は実感を込める。

 障害者スキーのレジェンドも聖火をつなぐ。6大会連続出場となった昨年の平昌冬季パラリンピックで金、銀二つのメダルをつかんだ新田佳浩選手(39)=西粟倉村出身。「大変光栄。岡山県から(五輪に)出...    
<記事全文を読む>