青森県スケート連盟は今季オープンした八戸市の長根屋内スケート場「YSアリーナ八戸」を会場に、年末から来年3月にかけ、新しいスピードスケート競技会を三つ開催する。国内3番目となった国際基準の屋内スケート場を有効活用し、競技人口の拡大につなげようと企画した。連盟担当者は「新大会の開催で氷都・八戸のスケート文化をさらに盛り上げたい」と張り切っている。

...    
<記事全文を読む>