ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で史上初のベスト8入りを果たしてブームを巻き起こした日本代表の“さくら”のジャージーが、さくら市で注目を集めている。

 胸の桜のエンブレムから「ブレイブブロッサムズ(勇敢な桜の戦士たち)」とも呼ばれる日本代表。同市は「さくら」のつながりで日本代表を応援しようと、W杯期間中に同市産コシヒカリ五キロ入り五十五袋を日本ラグビー協会に贈った。

 応援のお返しにと、日本代表側からW杯でも大活躍したリーチ・マイケル主将や田中史朗選手らのサインが入ったジャージーが十月下旬に届いた。

 ジャージーは、多...    
<記事全文を読む>