水球の高校1年生以下の年代が日本一を争う第12回全日本ユース選手権「桃太郎カップ」(山陽新聞社後援)は24日、倉敷市の市屋内水泳センターと児島マリンプールで3日間の日程で開幕し、男女の予選リーグ計24試合があった。岡山県選抜の男子は宮城県選抜を19―4で破り、6年ぶりの白星スタート。女子は前回2位の千葉県選抜に0―41で大敗した。

 有力チームでは、男子で3連覇を狙う鹿児島県選抜は1勝1分け、埼玉選抜と山口県選抜が2連勝。女子は3年連続の頂点を目指す石川県選抜や千葉県選抜が2連勝とした。

 大会は開催県の岡山と全国のブロック代表の男女各16チ...    
<記事全文を読む>