北海道バドミントン協会などは23日、8月の世界選手権(スイス)女子ダブルスで2連覇した北都銀行の永原和可那(23)=十勝管内芽室町出身=、松本麻佑(24)=札幌市出身=組、混合ダブルスで銅メダルを手にした日本ユニシスの東野有紗(23)=岩見沢市出身=の功績をたたえ、札幌市内のホテルで表彰式を開いた。

 道協会、3選手の出身地の十勝、札幌、南空知の計4協会が協力して企画した。

...    
<記事全文を読む>