スピードスケート・ショートトラックの全日本選手権は22日、南佐久郡南牧村の帝産アイススケートトレーニングセンターで開幕して男女の500メートルと1500メートルを行い、女子は1500メートルを制して500メートルで3位に入った神長汐音(全日空商事・小海高出)が初日の総合で首位に立った。

 2種目2位の平井亜実(中京大)が総合2位。2連覇が懸かる菊池純礼(富士急・小海高出)は同3位、2種目で4位に入った菊池悠希(ANA・小諸商高―立大出)は同5位につけた。

 男子は今季のワールドカップ(W杯)第3戦で1500メートル3位の渡辺啓太(阪南大職)が...    
<記事全文を読む>