カーリングの軽井沢国際選手権最終日は22日、北佐久郡軽井沢町の軽井沢アイスパークで男女の準決勝以降を行い、男子決勝は同町出身の松村雄太、清水徹郎がいるコンサドーレ(北海道)が、スウェーデンチームを7―4で破って初優勝を飾った。

 パシフィック・アジア選手権準優勝のコンサドーレは、2―4で迎えた第6エンドに3点を奪って逆転し、逃げ切った。準決勝ではカナダのチームを8―6で下した。

 女子で平昌五輪銅メダルのロコ・ソラーレ(北海道)は、準決勝で富士急(山梨)に4―3で競り勝ったが、決勝で前回大会優勝のロシアチームに4―5で屈して準優勝で終えた。3...    
<記事全文を読む>