五輪出場経験があるアスリートが五輪の価値を伝える「JOCオリンピック教室」が十七日、千葉市立花見川中学校であった。フィギュアスケートで二〇一四年の冬季五輪ソチ大会に出場した高橋成美さん(27)が、他人の意見を尊重することの大切さなどを説いた。

 この日は同校二年生の生徒六十一人が参加。高橋さんは「目標に向かって努力すること」「仲間と協力すること」「他人を尊重すること」の三点に五輪の価値があると解説。高橋さんが回転ジャンプを披露すると生徒からは「おー」と歓声が上がった。回転ジャンプに挑戦した筒井聖叶(せれな)さん(14)は「着地の時に軸がぶれて難しかった」と笑顔で振り返った。...    
<記事全文を読む>