女子アイスホッケーの第14回日光杯全日本中学・高校生大会第2日は22日、日光市の細尾ドームリンクほかで行われ、栃木県選抜は決勝トーナメント1回戦で釧路選抜に0-12で敗れ、準決勝進出はならなかった。

 栃木県選抜は第1ピリオドから釧路選抜の猛攻を受けて2分、5分と立て続けに失点。その後も体を張った守りで粘り強く戦ったが、計51本のシュートを浴びて2桁失点を喫した。攻撃陣はFW小野愛奈(おのあいな)、橋本恵実(はしもとえみ)らがシュートを放ったが、相手GKの好守に阻まれて最後までゴールを割れなかった。

 大会最終日は23日、日光霧降アイスアリーナで3位決定戦と決勝...    
<記事全文を読む>