世界選手権(来年3月・モントリオール)代表選考会を兼ねた全日本選手権最終日は22日、東京・国立代々木競技場で行われ、男子はショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリー1位で逆転して合計290・57点で4連覇し、日本スケート連盟の選考基準を満たして代表に決まった。

 4年ぶりに出場したSP1位の羽生結弦(ANA)はフリー3位にとどまり、282・77点で2位。全日本ジュニア選手権王者の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)がSP7位からフリー2位と巻き返し、257・99点で3位に入った。

 田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)が252・44点で4位、ジュ...    
<記事全文を読む>