レスリングの全日本選手権最終日は22日午後、東京都の駒沢体育館で行い、東京五輪実施階級のグレコローマンスタイル77キロ級で屋比久翔平(浦添工高-日体大、日体大大学院、ALSOK)が2年ぶり4回目の優勝を果たした。

 屋比久は来年3月に行われる東京五輪のアジア予選への出場権を獲得した。【琉球新報電子版】

...    
<記事全文を読む>