東京五輪代表選考を兼ねたレスリングの全日本選手権第3日は21日、東京・駒沢体育館で行われ、五輪代表が内定している女子62キロ級で小玉彩天奈(早大=高知東高出)が2位。五輪階級の男子57キロ級では清岡幸大郎(高知南高)が準決勝で敗れ、22日の3位決定戦に回った。

 小玉は決勝で今年の全国総体2位の石井亜海(安部学院高)と対戦。序盤から相手の圧力に押され気味の展開となった。終盤にタックルで同点に追いついたが、試合終了間際に失点し、県勢の初優勝はならなかった。

...    
<記事全文を読む>