日本サッカー界の「キング」が、史上最速の男が、生まれ変わった国立競技場のオープニングを彩った。新たなスポーツの聖地になってほしい-。集まったトップアスリートらが思いを語った。

◆ファーストラン 桐生「100でメダル」東京五輪へ決意

 7カ月後の勇姿を思い浮かべていた-。陸上男子短距離の桐生祥秀(日本生命)は、東京五輪のメインスタジアムとなる国立競技場に初めて入り、真新しいトラックを走るアシックスジャパン主催のイベントに参加した。「ここで走るんだなと自分の中で思って立っていた」

 国立競技場に採用されたイタリア・...    
<記事全文を読む>