東京五輪代表選考を兼ねたレスリングの全日本選手権第2日は20日、東京・駒沢体育館で行われ、五輪実施階級ではいずれも世界選手権代表で男子グレコローマンスタイル97キロ級の奈良勇太(警視庁)、同フリースタイル97キロ級の赤熊猶弥(自衛隊)が優勝し、来年3月の東京五輪アジア予選(中国)の出場権を獲得した。

 男子グレコローマンスタイルで87キロ級の角雅人(鳥栖工高出身、自衛隊)、130キロ級の園田新、フリー86キロ級の高谷惣亮(以上ALSOK)は21日の決勝に進んだ。

...    
<記事全文を読む>