東京五輪代表選考を兼ねたレスリングの全日本選手権第2日は20日、東京・駒沢体育館で行われ、群馬県勢は非五輪階級の男子グレコローマンスタイル72キロ級で富塚拓也(育英大、関学附高出身)が4―5で日下尚(日体大大学院)に惜敗した。五輪実施階級の女子62キロ級は準決勝まで行われ、石井亜海(安部学院高、大泉北中出身)が決勝に進んだ。同級は川井友香子(至学館大)の五輪出場がすでに内定している。

...    
<記事全文を読む>