世界選手権(来年3月・モントリオール)代表選考会を兼ねた全日本選手権第2日は20日、東京・国立代々木競技場で行われ、男子ショートプログラム(SP)で4年ぶり出場の羽生結弦(ANA)が、ほぼ完璧な演技で非公認ながら自身の世界最高を0・19点上回る110・72点で首位発進した。

 3連覇中の宇野昌磨(トヨタ自動車)が105・71点で2位、ジュニア・グランプリ(GP)ファイナル覇者の佐藤駿(埼玉栄高)が82・68点で3位、田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)が80・90点で4位につけた。シングルで最後の出場となる高橋大輔(関大KFSC)は65・95点で14位。

 女子で初...    
<記事全文を読む>