東京五輪代表選考を兼ねたレスリングの全日本選手権第1日は19日、東京・駒沢体育館で行われ、五輪実施階級ではいずれも世界選手権代表の男子でグレコローマンスタイル97キロ級の奈良勇太(警視庁)、フリースタイル97キロ級の赤熊猶弥(自衛隊)、125キロ級の荒木田進謙(八学光星出、athletic camp LION)が、20日の決勝に進出した。

...    
<記事全文を読む>