東京五輪代表選考を兼ねたレスリングの全日本選手権第1日は19日、東京・駒沢体育館で行われた。非五輪階級の女子55キロ級で県勢の桜井つぐみ(高知南高)が、初戦の準々決勝で全日本選抜選手権の覇者、五十嵐彩季(至学館大)、準決勝で同選手権6位の内城朝葉(同)を連破し、決勝へ進出した。県勢で決勝に挑むのは1995年に男子100キロ級で準優勝した小玉康二(高知東高教)以来で、女子では初めて。

...    
<記事全文を読む>