全国屈指の進学校・灘高出身のラガーマンが、ラグビーの全国大学選手権に出場している。筑波大のフランカー中田都来。強豪がひしめく関東でプレーしながら、医学部に在籍して医師を志す。異色の3年生は「どちらもやると決めたこと」とわが道を行く。

 名前の読みは「とらい」。「ラグビーをやるべくして名付けられた」と5歳のころ西神戸ラグビースクールで競技を始め、灘高では県選抜のメンバーに選出。報徳など強豪の選手とプレーし「もっと上のレベルでやりたい」と挑戦心をかき立てられ、レベルの高いラグビーと学問を両立できる国立の筑波大へ進んだ。

 豊富な運動量を評価され、大学ではバックスから...    
<記事全文を読む>