世界選手権(来年3月・モントリオール)代表選考会を兼ねた全日本選手権は19日、東京・国立代々木競技場で開幕し、女子ショートプログラム(SP)で初制覇を目指す紀平梨花(関大KFSC)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で着氷が乱れたが、73・98点で首位に立った。

 4度優勝の宮原知子(関大)は二つのジャンプで回転不足を取られたが、演技点ではトップで70・11点の2位。昨年覇者の坂本花織(シスメックス)が69・95点で3位、樋口新葉(明大)が68・10点で4位につけた。

 4年ぶりに出場する男子の羽生結弦(ANA)は公式練習で3種類の4回転ジャンプを着氷した。3...    
<記事全文を読む>