昨年4月のWBCフライ級王座3度目の防衛戦を前に、体重超過で王座を剝奪された比嘉大吾(白井・具志堅スポーツジム)が2020年2月13日、東京都の後楽園ホールで復帰戦を行うことが決定した。19日、白井・具志堅スポーツジムが発表した。対戦相手は未定、119ポンド契約のノンタイトル8回戦となる。
  
  比嘉は日本ボクシングコミッションからライセンスの無期限停止処分を受けたが、今年10月に健康管理や階級を上げることを条件に処分が解除されていた。現在は復帰に向けて練習を続け、汗を流している。
  
  発表文にある比嘉のコメント全文は以下の通り。 <記事全文を読む>