ボクシングの全日本新人王決定戦が22日、東京・後楽園ホールで行われ、宇都宮市出身の湯沢卓巳(ゆざわたくみ)(22)=宇都宮金田ジム=が男子ミドル級東日本王者として西日本王者の国本泰幸(くにもとやすゆき)=大阪・金沢ジム=と対戦する。競技歴約3年で目前に迫った初タイトル。大一番を前に「ボクシングを始めて最初の目標が新人王だった。何が何でも優勝したい」と意気込んでいる。

 これまでの戦績は3勝1分けで敗戦は無し。5月に始まった東日本新人王トーナメント戦では1回戦で茨城県の選手に3回KO勝ちを収めると、続く準決勝、決勝は判定勝ち。「ジム関係者や家族の応援もあって、厳しい試合を乗り...    
<記事全文を読む>