静岡県は18日、ラグビーワールドカップ日本大会で日本代表史上初の8強入りに貢献したヘル・ウベ選手(29)=ヤマハ発動機=、スクラム担当コーチの長谷川慎氏(47)=同=、チームマネジャーの大村武則氏(54)=日本ラグビー協会=の静岡県ゆかりの3人に知事顕彰を授与した。
 ヘル選手は1次リーグのサモア戦とスコットランド戦に後半から途中出場し、攻守で活躍した。長谷川氏は2011~16年度にヤマハ発のコーチを務めた後、日本代表の活動に専念してスクラムを強化。12月から再びヤマハ発に復帰した。大村氏は1995年から2005年までヤマハ発の医療スタッフやマネジャーを務めた。
 ...    
<記事全文を読む>