日本製鉄室蘭製鉄所のアイスホッケー部「室蘭スティーラーズ」の練習に、アイスホッケー日本男子代表の岩本裕司監督(57)が視察に訪れた。めったにない機会に選手たちは、岩本監督から代表の練習方法や戦術などを聞いた。

 岩本監督は駒大苫小牧高卒。現役時代、日本リーグの雪印で名FWとして活躍し、現在は日本代表監督を務めている。岩本監督が所属する東京のコンサルティング会社が、ホッケーのスティックを開発。17日のスティーラーズの視察は、同部への営業に岩本監督が希望して同行する形で実現した。

...    
<記事全文を読む>