今シーズン限りで第一線から退くことを決めている、愛知県豊橋市の「アテナ豊橋フィギュアスケートクラブ」所属の山本恭廉(たかゆき)さん(23)=湖西市鷲津=が、東京で十九日から開かれる全日本フィギュアスケート選手権大会に初めて出場する。山本さんは「やり切ったと思える、満足できる演技がしたい」と意気込む。

 フィギュアスケートを始めたきっかけは二〇〇六年のトリノ五輪。金メダルを獲得した荒川静香さんの演技に心を打たれ、小学六年の終わりにアテナ豊橋に入団した。週二回以上は豊橋市に通い練習した。豊橋だけではリンクを借り切っての練習時間の確保が難しいこともあり、週に一度は名古屋市にも通う...    
<記事全文を読む>