2020年東京五輪の聖火リレーで、広島、山口両県の実行委員会は17日、それぞれの推薦枠で決定したランナーを発表した。広島では元広島東洋カープ選手の新井貴浩さん(42)や小説家の湊かなえさん(46)、16年リオデジャネイロ五輪競泳平泳ぎ金メダリストの金藤理絵さん(31)たちが、山口ではタレントの西村知美さん(49)=宇部市出身=たちが郷土を駆ける。島根県の実行委もPRランナー1人を公表した。

 広島県の実行委は、23市町を交えて公募や推薦で選んだ44人のうち、大会組織委員会が決めた41人を発表。サンフレッチェ広島アンバサダーの森崎浩司さん(38)、お笑いコンビ・アンガールズの...    
<記事全文を読む>