2020年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は17日、全国を巡る聖火リレーの詳細ルートを発表した。県内は15市町の計23区間を3日間かけてトーチをつなぐ。伊勢原・大山はケーブルカー、横浜港では大型ボードを利用するなど地域の魅力発信に趣向を凝らした。総勢278人の聖火ランナーには著名人も名を連ね、夢の大会に向けて機運を盛り上げる。

 聖火が県内を駆け抜けるのは6月29日~7月1日。総走行距離は約55キロで、交通渋滞などを避けて断続的なコースに設定した。各日のスタート・ゴール地点では、伝統芸能などを取り入れたセレモニーを実施する。

 1日目は、箱根・...    
<記事全文を読む>