バドミントン女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は、8月にスイス・バーゼルで行われた世界選手権で日本勢初の大会連覇を達成した。

 全英オープンなど格付けが高い国際大会でも好成績を残し、4月30日付の世界ランキングで初めて1位に立つと、約半年にわたってその座を守った。現在のランクは3位だが、今年の活躍ぶりから、来年の東京五輪での金メダル獲得に大きな期待がかかる。

...    
<記事全文を読む>