6月に東京都で開かれたハンドボールの日韓定期戦。日本代表デビュー戦となったトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)のGK岩下祐太は後半からコートに立った。「韓国には絶対勝たないといけないと言われていた。緊張で頭が真っ白であまり覚えていない」。無我夢中でプレーし、好セーブを連発。3年ぶりとなる韓国戦白星の立役者となり、代表に定着した。

 熊本県苓北町出身。人口約7100人の町で、卒業した都呂々中(2015年3月に閉校)は学校の部活がハンドボールと卓球のみ。それでもハンドボール部は全国大会優勝歴があり、岩下を含めて3人の実業団選手を輩出した強豪校だった。小学4年で競技を始めると...    
<記事全文を読む>