沼津市とフェンシングの日本、カナダ両国代表は、来年の東京五輪の事前合宿を市内で行うことで合意した。日本代表の県内での事前合宿が決まったのは、フェンシングが初となる。

 フェンシングは攻撃できる部位の違いなどにより、フルーレ、エペ、サーブルの三種目に分かれる。合宿を行うのは日本の男女フルーレとカナダの各種目代表のうち、五輪に出場する選手。フルーレの日本女子(世界ランク五位)、同男子(七位)、カナダ女子(六位)などは五輪出場が有力視されている。

 沼津市は二月に日本フェンシング協会と連携協定を結び、練習環境の整備や競技普及に注力。九~十月には日本やカナダなど四カ国を...    
<記事全文を読む>