二〇二〇年の東京パラリンピックに向けて、金沢市は、フランスのパラ水泳競技の事前合宿を受け入れる準備を進めている。近く現地の障害者スポーツ連盟と協定を締結する。選手と交流し、障害者にやさしいまちづくりを進める国の「共生社会ホストタウン」に申請中で、認定されると県内では小松市に続き二例目となる。(堀井聡子)

市議会閉会

 十六日に閉会した金沢市議会十二月定例月議会で、山野之義市長が明かした。閉会後の記者会見で、山野市長は「パラリンピックを通して、障害者が社会参加をしていくための環境を整えていく」と話した。

 合宿の...    
<記事全文を読む>